このフード・レポートの内容は:

VOLUME 7
第11号


2016年11月1日

このレポートは毎月発行で、ご登録された方にのみ配信されます。登録をご変更されたい場合は、このメールの最後に記載されているリンクにアクセスしてください。

インテリジェント・フード・レポートのコピーをお届けします!

弊社のインテリジェント・フード・レポートを毎月確実にお届けできるよう、info@noon-intl.com をお使いになっているEメールプログラムのアドレスブックに加えてください。


~Contact.FirstName~~さん

ハロウィーンを楽しまれたことと存じます。キャンディーをもらって歩く子供たちもいっぱいいたことでしょう!Noon Internationalはここ数週間、猛烈な忙しさでした。メンバーの一部は日本に出張してきました(日本ではハロウィーンの人気が近年高まったようで、この行事についていろいろ質問されました)。ハロウィーンの起源について興味をお持ちの日本の皆さんのためにリンクを貼りましたので、ご覧ください。また、フランスはパリで開かれたSIAL国際食品見本市にも行ってきました。いつもながら、めまぐるしく大忙しの訪問でした。

米国の収穫シーズンはほぼ終了し、あとはスクワッシュとカボチャなど一部の遅い野菜を残すのみとなりました。これらの収穫も今月には収束するでしょう。
米国のほとんどでは、おおむね平穏無事な収穫シーズンでした。野菜と果物は非常に良い出来で、すばらしい品質で収穫量も十分でした。暖かな春に始まり、暑い夏へと続いたため、すべての作物が非常に速く成長し、早めのシーズン開始となりました。全体として、誰もが良い収穫を迎えました。

スイートコーン、グリーンピース、ニンジン、ジャガイモはいくらか在庫がありますし、オーガニックのエダマメとムキマメもあと数回の出荷分ぐらいは残っています。台風が北海道に被害をもたらしたせいで日本から引き合いが多数入っていますので、在庫は急速に減りつつあります。

もう11月だなんて、本当に信じられません。とはいえ、サンクスギビングでホリデーシーズンが始まる前に、米国では大統領選挙が待っています。選挙のことに言及せずにはいられませんでした。皆さん、必ず投票しましょう。ここしばらくの歴史でも忘れられない選挙になることは間違いありません!

Betty And The Noon International Team

CropVeggies 米国のスイートコーンが豊作

アメリカ合衆国:スイートコーンのシーズンは完全に終了しました。北西部は非常に良いシーズンとなり、高品質な作物がたくさん収穫されました。中西部はシーズン終盤になって雨に悩まされたため、同地域の収穫量はやや下がるかもしれません。全体として米国のスイートコーンは良好なシーズンでした。

サヤインゲンは今年はきわめて豊作で、質・量ともに上出来でした。

ダイスカット用ニンジンの生産は、オレゴン州とワシントン州で今も続けられています。例年並みの収穫だと伝えられています。

ジャガイモの収穫は終了しました。コロンビア盆地からの報告によると、シーズン初期の品種は非常に良かった一方で、後期の品種のなかには収穫量が少なかったものもあったそうです。全体として収穫量は予想を上回るレベルとなりました。

米国のベリー類のシーズンは終了しました。ブルーベリーは非常に良い年となり、オレゴン州とワシントン州で記録的な収穫となりました。メイン州では、今シーズンは雨不足だったにもかかわらず、天然ブルーベリーが9,300万ポンド(約4万2,000トン)という史上最高の収穫量に達しました。

ミシガン州のチェリーも非常に良い出来でした。期待以上の収穫量で、良い品質となりました。

メキシコ:メキシコの雨期は終わりましたが、ブロッコリーとカリフラワーは今も入荷が少ない状況です。雨期の終わり頃にかけて、枝分かれが生じたためです。とはいえ、状況は改善し始めていて、ほとんどの工場が今ではフル稼働に達しています。

グアテマラ:ブロッコリーは非常に良いシーズンとなっていて、質・量ともに良好です。現在、グアテマラでは、ブロッコリーとオクラ、それに少量のカリフラワーが生産されています。いずれも良好な条件に恵まれています。

ペルー:ペルーは涼しい日が続いたため、マンゴーのシーズンが昨年よりも良くなると期待されています。開花が順調に進みましたので、収穫は今月始まるでしょう。アスパラガスはシーズンが進行中です。
ペルーの農業灌漑省は10月、生鮮ブルーベリーの生産が増えているため、数年以内に最大輸出国になるとの見方を発表しました。

チリ:チリではアスパラガスのシーズンが進行中です。ブルーベリーの生産は、冷凍用、生鮮用ともに良好で、年内いっぱい続く見通しです。

ヨーロッパ:ヨーロッパの野菜市場は今もなお不透明な状況です。冷夏と多雨の難しい栽培期となったため、ほとんどの野菜は供給が不足していて、市場に出回る量が限られています。サヤインゲンの収穫は遅れていて、今ではほとんどが早霜の恐れに直面しています。

ヨーロッパからの報告によると、ジャガイモは原料不足が生じ、加工業者が期待していた売上拡大の目標には到達しない可能性があるとのことです。ヨーロッパ北西部のジャガイモ生産者は、寒冷多雨の春のせいで植え付けに遅れが出ました。夏は酷暑で雨も少なく、土壌が固くなってしまったため、多くの生産者が掘るのを見合わせました。
10月の雨でベルギーでは収穫が加速しました。土壌が柔らかくなり、生産者はできるかぎりの猛スピードで収穫を進めました。とはいえ、今シーズンの作付面積が増えた割には、生産量は少なめになると予想されています。

日本:北海道に大きな被害をもたらした9月の台風の影響が今も尾を引いています。トウモロコシ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギをはじめ、北海道産のすべての野菜が品薄になるでしょう。米国農務省の在日海外農務局によると、収穫量は20~25%減となる見通しです。ジャガイモの種芋も、この台風のせいで約10%が失われました。ジャガイモ畑が浸水したため、農家は掘り返さなければなりませんでした。一部の工場は、この被害のために今も閉鎖されていて、生産再開の目途は立っていません。


タイ:タイのスイートコーンの供給は改善しつつあるようです。暑気と雨不足で、5月、6月、7月は供給が非常に厳しくなりました。とはいえ、8月に待望の雨が降ったため、やや正常化し、供給が改善しました。

パイナップルの加工業者は、年初来の悪天候に今も悩まされています。生産量は低くなる見通しです。
シーズンは今月から開始されますが、収穫量も品質も見通しは明るくありません。雨不足のため、実の成熟が非常に遅れています。

台湾:ライチが品薄になっています。寒気と多雨に見舞われた昨冬の天候のせいで受粉がうまくいかず、20%しか収穫できないという不作に陥っています。次のシーズンは来年1月から始まりますが、今年よりは良い収穫が期待されています。

中国:

山東省:エダマメの収穫は終了しました。質・量ともに良好で、価格も安定しているとのことです。ブロッコリーのシーズンは始まりましたが、涼しい秋となっているため、成長に影響が出ています。品質問題が明らかに生じていて、このまま寒冷多雨が続けば状況はさらに悪化するかもしれません。
タロイモは加工が始まりました。品質は平均的ですが、収穫量は約40%減です。昨シーズンの安値を受けて、ほとんどの農家が作付面積を減らしたため、現在のタロイモの価格は8~10%上がっています。

浙江省:エダマメの収穫は終了しましたが、一部の工場ではムキマメを加工中です。浙江省は先月、台風に見舞われましたが、ブロッコリーとカリフラワーに被害はなく、植え替えが進んでいます。ただし、最近の暑さで成長速度は鈍りました。これまでのところ、品質はまずまずです。レンコンは、現在、収穫の最中です。品質、価格ともに引き続き安定しています。
マンダリンオレンジの収穫は、まもなく始まります。暑さのため、収穫量は約30%減っています。価格は20~30%上昇しています。

福建省:残念ながら先の台風で多数の工場に大きな被害が出ました。なかには、修理のために一時閉鎖を余儀なくされた工場もありました。エダマメの秋作分に深刻な被害が及んだだめ、収穫量は落ち込むでしょう。また、オクラも、最近の台風の影響で収穫が激減する見通しです。



ウォルマートが中国の食品安全性に投資


中国では、食品安全性の懸念が今も払拭されません。屋台の食べ物から赤ちゃん用の粉ミルクまで、多岐にわたる問題の震源地となっています。このため国際社会は近年、中国に規制環境の改善を求めるため、多大な圧力をかけてきました。しかし、最近になって、この問題に意外な担い手が登場しました。ウォルマートです。世界最大の小売店である同社は、食品安全性の研究に対して向こう5年間で2,500万ドルを投資することにしました。

ウォルマートは、長年にわたって中国市場での地位確立を模索してきました。しかし、苦戦を強いられていて、その一因が、現地の嗜好にうまく対応できずにいること、食品安全性の懸念が消えないことなどです。

「生産農家から、サプライヤ、小売店、政策担当者まで、食品に携わる幅広い分野から食品安全性を専門とする優れた頭脳を集めることで、食品安全性の認識を高め、中国の一般家庭にできるだけ早く安全と健康をお届けできるようにしたい」と、先月、投資計画を発表した際、北京のイベントでウォルマート最高経営責任者のダグ・マクミロン氏は語りました。


カリフラワー―ヘルシーで食べ方もいろいろ!

カリフラワーは、もっと尊敬されて然るべき野菜です。スープの材料やチーズをかけた付け合わせとしてはお馴染みですが、飾り気のない白い見た目のせいか、見落とされがちです。でも、今度スーパーに行く時は、冷凍のカリフラワーや生鮮のカリフラワーのことを、あらためて考えてみてください。健康上のメリットがたくさんあり、思っている以上に食べ方もいろいろあるのです。下記に紹介する健康メリットは、カリフラワーライスやフムスのようなディップ、果てはピザ生地まで、どんな食べ方をしても変わりません。
カリフラワーのローストもおいしいですし、お好みのパスタに混ぜても楽しめます。最近では、ピザのトッピングとして、あるいはナチョスを作る際にチップに代わるヘルシーな食材としても、よく使われています。私はつい先日、スーパーの冷凍食品売り場でマッシュドカリフラワーを見かけました!

心臓をアシスト―カリフラワーは、アブラナ科の野菜に多い硫黄化合物の一種であるスルフォラファンを豊富に含んでいて、この成分は、がんのリスクを低下させたり、血圧や腎臓の機能を改善したりするのに役立つことが分かっています。また、壊れやすい動脈の細胞修復を助けるDNAの働きに関係するメチル化を助ける可能性もあります。

脳にもメリット!―カリフラワーにはビタミンB群に属するコリンが含まれていて、これは脳の発達と強化に役立つ可能性があります。妊婦がコリンの多い食生活をすると赤ちゃんの脳の活動が活発化することが分かっています。コリンはまた、小児期の有害物質に対する保護とも関連付けられているほか、老齢期には記憶の喪失を防止するとされています。つまり、カリフラワーは、どんな年齢の脳にもメリットがあるということです。

デトックス効果―ショウガ水やレモン水もいいですが、代わりにカリフラワーを食べてみてはいかがでしょうか。ビタミンとミネラルが豊富で、体内の毒素の浄化に役立ちます。カリフラワーには、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB6、タンパク質、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、マグネシウム、リン、食物繊維、葉酸、パントテン酸、カリウム、マンガンが含まれています。また、有害物質の排出に役立つグルコシノレートなどの抗酸化物質も含まれています。

胃腸の健康―スルフォラファンは消化を助けることでも知られていますが、それ以外にもカリフラワーは食物繊維を豊富に含んでいるため、消化機能を正常化させるのに役立ちます。お腹の調子を整えることは、健康な食生活を送り、摂取する栄養素を最大限に吸収して活かせるようになるうえで、欠かせない基本条件のひとつです。カリフラワーが、この基礎固めに役立つでしょう!


世界の種子を山中の貯蔵庫に

テクノロジーが私たちの食生活に革命を起こしているかもしれませんが、世界の食糧供給システムが今なお「種」の上に成り立っていることは疑いのない事実です。そして、この小さな宝物が、ノルウェーの人里離れた場所にある貯蔵施設に収められ、未来の世代のために安全に保護されています。

ノルウェーと北極の間にあるスピッツベルゲン島の山肌に設けられたスヴァールバル世界種子貯蔵庫は、農作物の種子を冷凍保存する世界最大の施設です。トウモロコシや大麦などのありふれた作物から、外来の珍しい「お宝」作物まで、ありとあらゆる種子を取り揃え、その数は実に数億に上ります。これらが、北極圏の山の中腹に建てられた貯蔵庫に眠っているのです。世界で最も多様な農作物を集めた種子銀行です。

なぜこのような施設が必要かというと、生物多様性の保護に役立てるためです。2008年にノルウェー政府が開設したこの貯蔵庫は、作物種の絶滅を防ぐことを目的として、種子を収集・保存しています。地球上の多様な作物の種子を幅広く収集し、飢饉や自然災害で危機に瀕しても、農作を再開して食糧供給を再度確立できるようにするために保存されています。できるかぎり多様な品種を集めることで、気候変動やその他の農業の変化により環境が変わっても、それに合わせて栽培しやすい作物を改良することも可能になります。また、この施設は、品種改良や新種開発の研究にも役立っています。

このような種子銀行は、スヴァールバル世界種子貯蔵庫以外にも存在します。実際、多くの国が自国の作物種に特化した貯蔵施設を持っています。しかし、そのほとんどが、予備としてスヴァールバル世界種子貯蔵庫にも種子の標本を送っています。シリアのように内戦で自国の種子銀行の存続が脅かされている国にとっては、特に重要です。事実、シリアで最悪の戦闘が始まる直前に、最後の標本がシリアからスヴァールバルに急きょ送付されました。

スヴァールバル世界種子貯蔵庫は、僻地にあるため人災の影響を受けにくく、常時凍てついた厚い岩盤で覆われているため、電力供給がストップしても種子は保護されます。

この貯蔵庫について興味がある方は、Cary Fowler氏の著書『Seeds On Ice』をぜひ読んでみてください。非常に興味深い内容です。








To optimize viewing of future e-mails, please add info@noon-intl.com to your Address Book.
Visit our Company Blog. | Subscribe to Noon's Intelligent Food Report | Update Contact Details | Unsubscribe.
Copyright ©2016 Noon International. All Rights Reserved.