こ の フ ー ド ・ レ ポ ー ト の 内 容 は :

 

VOLUME 5
第1号


2014年1月 1日

こ の レ ポ ー ト は 毎 月 発 行 で 、 ご 登 録 さ れ た 方 に の み 配 信 さ れ ま す 。 登 録 を ご 変 更 さ れ た い 場 合 は 、 こ の メ ー ル の 最 後 に 記 載 さ れ て い る リ ン ク に ア ク セ ス し て く だ さ い 。

イ ン テ リ ジ ェ ン ト ・ フ ー ド ・ レ ポ ー ト の コ ピ ー を お 届 け し ま す !

弊 社 の イ ン テ リ ジ ェ ン ト ・ フ ー ド ・ レ ポ ー ト を 毎 月 確 実 に お 届 け で き る よ う 、 info@noon-intl.com を お 使 い に な っ て い る Eメ ー ル プ ロ グ ラ ム の ア ド レ ス ブ ッ ク に 加 え て く だ さ い 。

Hello Everyone,

新 年 あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す ! 皆 さ ん 、 ク リ ス マ ス と 年 末 年 始 の 休 暇 を 楽 し く 過 ご さ れ た こ と と 思 い ま す 。 シ ャ ン パ ン で お 祝 い し た と い う 人 は い ら っ し ゃ い ま す か ? も し そ う で あ れ ば 、 あ な た の 記 憶 力 は 良 く な っ て い る か も し れ ま せ ん 。 最 近 、 読 ん だ 本 に よ る と 、 シ ャ ン パ ン を 飲 む と 空 間 記 憶 が 向 上 し 、 人 間 の 記 憶 貯 蔵 を サ ポ ー ト す る の だ そ う で す 。 ま さ に 新 年 に ふ さ わ し い 嬉 し い ニ ュ ー ス で す ね !

こ の 時 期 に な る と 、 多 く の 人 が 新 年 の 抱 負 を 考 え ま す が 、 健 康 的 な 食 事 を す る 、 ダ イ エ ッ ト を す る 、 運 動 を す る な ど 、 健 康 に 関 す る 抱 負 は た く さ ん あ り ま す 。 今 回 の ト ピ ッ ク で は 、 朝 食 ド リ ン ク の メ リ ッ ト に つ い て 取 り 上 げ て い ま す 。 新 し い 年 を 健 や か に ス タ ー ト で き る よ う 、 お 役 立 て い た だ き 、 食 生 活 に 果 物 や 野 菜 を た く さ ん 採 り 入 れ る 参 考 に な れ ば と 思 い ま す 。

12月 は あ っ と い う 間 で 、Noon Internationalで も 忙 し い 月 と な り ま し た 。 シ ア ト ル の ス タ ッ フ は 、 美 し い 街 、 サ ン フ ラ ン シ ス コ へ 向 か い 、 ダ ン ビ ル の ス タ ッ フ と 共 に 弊 社 の 恒 例 行 事 で あ る ク リ ス マ ス 会 に 参 加 し ま し た 。 く じ 引 き 、 カ ラ オ ケ 、 景 品 、 ゲ ー ム な ど 、 何 で も あ り の 週 末 で 、 新 た に 開 催 し た カ ラ オ ケ 大 会 で は 、 新 入 社 員 で あ る 経 理 部 の ジ ェ シ ー ・ キ ム が 優 勝 し ま し た 。 今 年 は 、 み ん な も う 少 し 練 習 し た 方 が よ さ そ う で す 。

1月 は 、 ス タ ッ フ 数 人 が フ ァ ン シ ー フ ー ド ・ シ ョ ー の た め に 再 び サ ン フ ラ ン シ ス コ を 訪 れ る 予 定 で す 。 足 を 運 ば れ る 方 が い ら っ し ゃ い ま し た ら 、 ぜ ひ お 知 ら せ く だ さ い 。 現 地 で お 会 い で き れ ば 嬉 し い で す !

皆 さ ま に と っ て 、 今 年 一 年 が す ば ら し い 年 に な り ま す よ う に 。

Betty and the Noon International Team



CropVeggies
ア メ リ カ 合 衆 国 : 野 菜 果 物 の シ ー ズ ン は 終 了 し ま し た 。 ほ と ん ど の 野 菜 は 今 シ ー ズ ン 、 天 候 不 良 で 収 穫 量 が 減 り ま し た が 、 特 に グ リ ー ン ピ ー ス の 減 少 が 顕 著 で し た 。

North American Potato Market Newsに よ る と 、 コ ロ ン ビ ア 盆 地 の ジ ャ ガ イ モ の 収 穫 量 が 少 な か っ た た め 、2014~2015年 の 冷 凍 加 工 シ ー ズ ン は 前 倒 し の ス タ ー ト に な る 可 能 性 が あ る と の こ と で す 。 フ ラ イ ド ポ テ ト の 日 本 向 け 販 売 量 は 前 年 同 期 比 約19%減 、 中 国 向 け は 同 約25%減 と な っ て い ま す 。 こ の 減 少 の 原 因 は 、 日 本 の 円 安 に 加 え 、 日 本 と 中 国 の 両 方 で フ ァ ー ス ト フ ー ド 店 の チ キ ン の 品 質 に 関 す る 懸 念 が 大 き く 取 り 沙 汰 さ れ た こ と に あ り ま す 。

太 平 洋 岸 北 西 部 の ラ ズ ベ リ ー は 、 今 年 は 豊 作 で し た 。

ワ シ ン ト ン 州 レ ッ ド ラ ズ ベ リ ー 委 員 会 で は 、 今 シ ー ズ ン の 収 穫 量 が 約4%増 と 報 告 し て い ま す 。

フ ロ リ ダ 州 の オ レ ン ジ は 、1990年 以 来 の 不 作 に な る と 見 ら れ て い ま す 。 オ レ ン ジ 生 産 農 家 は 、 「 カ ン キ ツ グ リ ー ニ ン グ 」 と 呼 ば れ る 細 菌 病 に 悩 ま さ れ て い ま す 。 葉 が 茶 色 く な っ て 実 が 熟 さ な く な り 、 最 終 的 に は オ レ ン ジ の 木 を 枯 ら し て し ま う 病 害 で す 。 す で に フ ロ リ ダ 州32地 域 の オ レ ン ジ 生 産 地 す べ て に 広 ま っ て い ま す 。

メ キ シ コ : ブ ロ ッ コ リ ー カ リ フ ラ ワ ー の 在 庫 は 依 然 と し て 不 足 気 味 で す が 、 降 雨 量 は 減 り ま し た 。 天 候 が 改 善 し 、 日 中 暖 か く 夜 は 涼 し い 日 が 増 え た こ と で 、 ブ ロ ッ コ リ ー カ リ フ ラ ワ ー の 生 産 量 は 今 後 増 え る で し ょ う 。1~2月 頃 に は 在 庫 が 需 要 に 追 い つ く よ う に な る 見 通 し で す 。

グ ア テ マ ラ : グ ア テ マ ラ で は ブ ロ ッ コ リ ー の 収 穫 が 少 な く 、 原 材 料 供 給 が ひ っ 迫 し て い ま す 。

涼 し い 日 が 続 き 、 雨 も あ っ た た め 、 ブ ロ ッ コ リ ー が 大 き く 成 長 し て お ら ず 、 例 年 を 下 回 る 収 穫 量 に つ な が っ て い ま す 。7月 の 収 穫 最 盛 期 ま で は 、 在 庫 不 足 が 続 く 見 通 し で す 。

中 米 : 「 ロ ヤ 」 と 呼 ば れ る サ ビ 菌 病 が 、 グ ア テ マ ラ や ホ ン ジ ュ ラ ス な ど の コ ー ヒ ー 生 産 国 で 被 害 を 巻 き 起 こ し て い ま す 。 被 害 額 は5億 ド ル に 上 る と 見 ら れ て い て 、 グ ア テ マ ラ だ け で も37万4,000人 の 雇 用 に 影 響 す る と 予 測 さ れ て い ま す 。

ペ ル ー ア ス パ ラ ガ ス の シ ー ズ ン は 終 了 し ま し た 。 以 前 か ら 報 じ ら れ て い る と お り 、 ペ ル ー で は 、 ア ボ カ ド ブ ド ウ な ど 利 益 の 大 き い 他 の 作 物 に 取 ら れ る 格 好 で 、 ア ス パ ラ ガ ス の 大 規 模 農 園 が 減 っ て い ま す 。 た だ し 、 市 場 か ら は 依 然 と し て ア ス パ ラ ガ ス の 大 き な 需 要 が あ り 、 供 給 を 上 回 っ て い ま す 。 マ ン ゴ ー の シ ー ズ ン は 今 月 か ら 開 始 さ れ ま す 。

チ リ : ア ス パ ラ ガ ス の シ ー ズ ン が 終 了 し 、 現 在 は ベ リ ー 類 の シ ー ズ ン が 進 行 中 で す 。9月 の 霜 で ブ ル ー ベ リ ー の 収 穫 が 減 る と 報 じ ら れ て い ま し た が 、 当 初 の 見 通 し ほ ど の 被 害 に は な っ て い ま せ ん 。 霜 の 被 害 の ほ と ん ど は 、 ブ ル ー ベ リ ー の 生 産 量 が そ れ ほ ど 多 く な い 地 域 で 起 き ま し た 。

ア ル ゼ ン チ ン : 高 温 と 雨 不 足 で 大 豆 ト ウ モ ロ コ シ に 被 害 が 出 る 恐 れ が あ り ま す 。 た だ し 、 今 後 は 降 雨 の 予 報 が あ る た め 、 遅 く に 植 え 付 け ら れ た ト ウ モ ロ コ シ と 大 豆 に と っ て は 「 吉 」 と な る 可 能 性 が あ り ま す 。 ア ル ゼ ン チ ン と ブ ラ ジ ル で は 今 シ ー ズ ン 、 大 豆 の 作 付 面 積 が 最 高 記 録 と な る で し ょ う 。

中 国 :

浙 江 省 : 寒 気 の た め レ ン コ ン の 収 穫 量 が 減 っ て い ま す 。 ブ ロ ッ コ リ ー カ リ フ ラ ワ ー は 、 国 内 需 要 が 大 き く 伸 び た た め 、 価 格 が 急 騰 し ま し た 。 マ ン ダ リ ン オ レ ン ジ は 、 や は り 寒 気 の た め 収 穫 量 が 減 っ て い て 、 価 格 が 高 騰 し て い ま す 。

サ ヤ エ ン ド ウ ス ナ ッ プ エ ン ド ウ は 、 現 在 、 春 作 分 の 植 え 付 け が 行 わ れ て い ま す 。

福 建 省 : ブ ロ ッ コ リ ー カ リ フ ラ ワ ー の 収 穫 が 最 盛 期 を 迎 え て い ま す 。 品 質 は 良 好 で す 。 シ ロ グ ワ イ は 、 こ れ ま で の と こ ろ 品 質 が 良 く あ り ま せ ん が 、1月 に は 改 善 す る 見 通 し で す 。 収 穫 量 が 減 っ て い る た め 、 価 格 は 昨 シ ー ズ ン よ り も 高 く な っ て い ま す 。

山 東 省 : 現 在 、 ゴ ボ ウ の 収 穫 が 行 わ れ て い ま す 。 国 内 需 要 の 拡 大 を 受 け て 、 価 格 は 上 昇 し て い ま す 。

中 国 全 土 : 上 海 と チ ベ ッ ト の 首 府 ラ サ が12月 、 深 刻 な 大 気 汚 染 と 黄 砂 に 見 舞 わ れ ま し た 。 上 海 のPM2.5( 微 小 粒 子 状 物 質 ) の 濃 度 は1立 方 メ ー ト ル 当 た り602.5マ イ ク ロ グ ラ ム と 、 有 害 と さ れ る レ ベ ル で し た 。 上 海 と そ の 近 隣 の 省 を 数 日 間 に わ た っ て 覆 っ た 汚 染 大 気 は 、 石 炭 火 力 発 電 、 車 の 排 気 ガ ス 、 工 場 排 気 、 気 象 条 件 な ど に よ っ て 引 き 起 こ さ れ て い ま す 。

周 辺 の 農 業 地 帯 の 作 物 の 状 況 に も 、 こ の 大 気 汚 染 が 何 ら か の 影 響 を も た ら す と 見 ら れ て い ま す 。




遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 の 賛 否

GMOと し て よ く 知 ら れ て い る 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 と は 、 他 の 作 物 の 遺 伝 子 を 組 み 入 れ る こ と で 本 来 の 遺 伝 子 構 造 が 変 化 し た 作 物 の こ と で す 。 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 、 特 に 遺 伝 子 組 み 換 え 食 品 は 、 商 業 お よ び 健 康 へ の 影 響 が 大 き い こ と か ら 最 近 の ニ ュ ー ス で よ く 取 り 上 げ ら れ て い ま す 。

遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 の 概 念 は 、 食 料 不 足 や 害 虫 、 雑 草 、 病 気 に よ る 作 物 の 生 育 不 良 を 解 消 す る こ と を 目 的 と し て 生 ま れ ま し た 。 遺 伝 子 工 学 の 進 歩 に よ り 、 目 標 達 成 に 至 っ た も の も あ り ま す が 、 そ の 過 程 の 中 で 、 新 た な 試 み も 生 じ る こ と に な り ま す 。 米 国 の 遺 伝 子 組 み 換 え 食 品 で 最 も よ く 使 わ れ て い る の が 大 豆 と ト ウ モ ロ コ シ の2つ で 、 加 工 食 品 に 使 用 さ れ て い ま す 。

賛 成 派 の 意 見

  • 害 虫 や 病 気 へ の 抵 抗 力 が あ る 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 は 、 長 く 生 き 残 り 、 農 家 の 収 穫 量 に 貢 献 す る 。


  • 除 草 剤 耐 性 が あ る 作 物 を 開 発 で き れ ば 、 作 物 に 影 響 を 及 ぼ す こ と な く 、 雑 草 の 抑 制 が 容 易 に な る 。 現 在 、 米 国 で 加 工 食 品 用 に 生 産 さ れ て い る 大 豆 の90%以 上 が 、 除 草 剤 耐 性 を 持 た せ る た め に 遺 伝 子 組 み 換 え さ れ て い る 。


  • 病 気 抵 抗 性 の 遺 伝 子 組 み 換 え を 行 っ た 植 物 の 株 ( 例 : ジ ャ ガ イ モ 、 バ ナ ナ ) は 、 病 気 ( 例 : 葉 枯 れ 病 、 青 枯 れ 病 ) か ら 植 物 を 守 る こ と が で き る 。


  • 果 物 や 野 菜 の 風 味 、 色 、 特 に 栄 養 成 分 な ど の 向 上 を 目 的 と し た 遺 伝 子 組 み 換 え は 、 消 費 者 の 健 康 を 促 進 す る た め 、 望 ま し い と 思 わ れ る 。


  • 収 穫 量 の 増 加 は 、 食 料 不 足 の 国 を 助 け る こ と が で き る 。


  • 栄 養 成 分 の 向 上 は 、 栄 養 価 の 高 い 食 物 を 摂 る こ と が 困 難 な 国 に と っ て 有 益 で あ る 。
し か し 、 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 反 対 派 は 、 遺 伝 子 組 み 換 え 農 業 が 長 期 に わ た る と 、 環 境 お よ び 消 費 者 に 悪 影 響 を 及 ぼ す と 主 張 し て い ま す 。

反 対 派 の 意 見
  • 昨 年 、 ワ シ ン ト ン 州 立 大 学 の 研 究 で 、 雑 草 や 害 虫 へ の 抵 抗 力 が あ る 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 は 免 疫 力 を 高 く な っ た こ と で 、 結 果 的 に 再 び 作 物 に 影 響 を 及 ぼ す こ と が 明 ら か に な っ た 。 さ ら に 、 こ う し た 新 種 の 「 ス ー パ ー 雑 草 」 は 除 草 剤 耐 性 が あ る た め 、 農 家 の 人 た ち は も っ と 強 力 で 効 果 的 な 除 草 剤 を 大 量 に 使 わ な け れ ば な ら な い 。 こ れ は 、 殺 虫 剤 、 除 草 剤 の 使 用 量 を 減 ら す と い う 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 の 目 的 を 覆 す も の で あ る 。 こ う し た 化 学 物 質 を 過 剰 に 使 用 す る こ と で 、 土 壌 や 水 質 の 汚 染 と い っ た 一 層 深 刻 な 問 題 が 引 き 起 こ さ れ る 。


  • 米 国 環 境 医 学 会 (American Academy of Environmental Medicine) は 、 遺 伝 子 組 み 換 え 食 品 の 摂 取 に よ る 副 作 用 の 「 可 能 性 」 と し て 、 免 疫 障 害 、 肝 機 能 障 害 、 す い 臓 、 ひ 臓 、 腎 臓 の 異 変 な ど の 問 題 を 報 告 し て い る 。


  • 遺 伝 子 組 み 換 え で は な い 作 物 が 、 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 と の 他 家 受 粉 に よ っ て 品 質 を 落 と す ケ ー ス が あ る 。 こ れ は 、 法 お よ び 生 態 上 に 関 わ る 問 題 だ け で な く 、 消 費 者 情 報 に 関 す る 問 題 に 発 展 す る 。


  • 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 の 中 に は 抗 菌 性 を 付 加 し た も の も あ り 、 人 間 に 効 果 の 薄 い 抗 生 剤 が 作 ら れ る 可 能 性 が あ る 。
以 上 の 賛 否 両 論 は 、 遺 伝 子 組 み 換 え 食 品 に 関 す る ご く 一 部 の 意 見 で す 。 こ の 論 争 は 、 ま だ ま だ 勢 い を 増 し て い く で し ょ う 。

と は い え 、 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 や そ の 技 術 は 、 あ る 産 業 を 救 う た め に 使 わ れ て き ま し た 。

1990年 代 半 ば 、 ハ ワ イ の パ パ イ ア 産 業 は 、 輪 点 ウ イ ル ス と い う 伝 染 病 で ほ ぼ 壊 滅 的 な 状 態 に あ り ま し た 。1998年 、 遺 伝 子 組 み 換 え で 輪 点 ウ イ ル ス 耐 性 の あ る パ パ イ ア 「 レ イ ン ボ ー パ パ イ ア 」 を 商 業 栽 培 に 導 入 す る と 、 自 然 変 異 の 他 の パ パ イ ア は ウ イ ル ス に よ る 被 害 を 受 け ま し た が 、 レ イ ン ボ ー パ パ イ ア は よ く 育 ち 、 崩 壊 寸 前 の ハ ワ イ の パ パ イ ア 農 家 を 復 活 さ せ た の で す 。 し か し 、 こ れ で 話 が 終 わ っ た わ け で は あ り ま せ ん 。 最 近 に な っ て 、 公 の 場 で 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 に 関 す る 論 争 が た く さ ん 起 こ り 、 現 在 で は 遺 伝 子 組 み 換 え パ パ イ ア を 作 る ハ ワ イ の 農 家 に 反 対 す る 人 た ち が 多 い た め に 、 売 上 が 落 ち 込 ん で き て い ま す 。 ま た 、 興 味 深 い こ と に 、 レ イ ン ボ ー パ パ イ ア は バ イ オ 技 術 企 業 に よ っ て 開 発 さ れ た も の で は な く 、 公 営 企 業 の 援 助 の も と 、 ハ ワ イ の 住 民 た ち が 手 を 加 え 、 開 発 し て き た も の だ と 指 摘 さ れ て い ま す 。

つ い 最 近 で は 、 フ ロ リ ダ 州 、 ジ ョ ー ジ ア 州 の 一 部 、 サ ウ ス カ ロ ラ イ ナ 州 、 カ リ フ ォ ル ニ ア 州 、 テ キ サ ス 州 、 ル イ ジ ア ナ 州 で 、 黄 龍 病 と い う 致 命 的 な 細 菌 病 が 発 見 さ れ ま し た 。 こ の 病 気 は 、 柑 橘 類 に 大 き な 被 害 を も た ら す 「 カ ン キ ツ グ リ ー ニ ン グ 病 」 と し て よ く 知 ら れ て い ま す 。 感 染 し た 果 物 は 、 緑 色 に な り 、 苦 味 が 出 て 、 最 後 に は 樹 木 が 枯 れ て し ま い ま す 。 何 百 万 エ ー カ ー も の オ レ ン ジ 畑 が 危 険 に さ ら さ れ る こ と を 考 え る と 、 テ キ サ スA&M大 学 研 究 者 の エ リ ッ ク ・ ミ ル コ フ 博 士 が 開 発 し た 感 染 耐 性 の 遺 伝 子 組 み 換 え 植 物 し か 病 気 と 闘 う 術 は な い よ う に 思 わ れ ま す 。 こ の 問 題 に 対 す る 取 り 組 み は 、 ま だ 続 い て い る 一 方 で 、 柑 橘 農 家 た ち は 、 ハ ワ イ の パ パ イ ア 産 業 を 救 っ た よ う な 奇 跡 が 起 こ る こ と を 望 ん で い ま す 。

遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 に 関 す る 論 争 は 単 純 な も の で は な く 、 賛 否 ど ち ら も 熱 気 が 高 ま っ て い ま す 。 結 局 の と こ ろ 、 成 功 か 失 敗 か を 判 断 す る の は 、 国 民 に 委 ね る ほ か な い で し ょ う 。


朝 食 ド リ ン ク ‐ ス ム ー ジ ー で ス ム ー ズ な1日 を !

朝 食 は1日 で 最 も 重 要 な 食 事 で あ る こ と は 皆 さ ん ご 存 知 で し ょ う 。 夜 通 し 空 腹 の 状 態 が 続 い た 後 、 元 気 な 朝 を 迎 え 、1日 を が ん ば れ る よ う に 、 体 は 健 康 的 で エ ネ ル ギ ー が 豊 富 な 食 事 を 求 め ま す 。 し か し 、 残 念 な こ と に 、 朝 は1日 で 最 も 慌 た だ し く 過 ご し て し ま う の が 現 状 で す 。 バ ラ ン ス の 取 れ た 健 康 的 な 朝 食 を 作 り 、 き ち ん と 座 っ て 食 べ る 時 間 が あ る 人 は ど れ く ら い い る で し ょ う か ? 今 回 は 、 そ の 解 決 策 と い え る 朝 食 ド リ ン ク を ご 紹 介 し ま し ょ う !

ス ム ー ジ ー は 、 満 足 感 が 得 ら れ て 美 味 し い だ け で な く 、 手 軽 で 作 り や す く 、 栄 養 価 も 高 い こ と か ら 、 瞬 く 間 に 朝 食 と し て 定 着 し て き ま し た 。 好 き な 果 物 や 野 菜 ( そ う 、 野 菜 ! ) 、 乳 製 品 ( ま た は 乳 成 分 を 含 ま な い 食 品 ) 、 氷 を ミ キ サ ー に 入 れ て 混 ぜ れ ば 、 朝 食 の 出 来 上 が り ! ス ム ー ジ ー の 材 料 と 組 み 合 わ せ は 無 限 と 言 っ て い い で し ょ う 。

定 番 の バ ナ ナ 、 ス ト ロ ベ リ ー 、 バ ニ ラ を ミ ッ ク ス し た も の ば か り で は な く 、 ブ ル ー ベ リ ー 、 ラ ズ ベ リ ー 、 リ ン ゴ 、 マ ン ゴ ー 、 ネ ク タ リ ン 、 ア プ リ コ ッ ト と い っ た 新 鮮 な 果 物 や 冷 凍 果 物 も 使 っ て み て く だ さ い 。 ス ム ー ジ ー の レ パ ー ト リ ー が ど ん ど ん 広 が り ま す 。 ス ム ー ジ ー を 作 る と き の 時 短 の た め に 、 新 鮮 な 果 物 を 刻 ん で 、 小 分 け に し て フ リ ー ザ ー バ ッ グ や 容 器 に 入 れ て 冷 凍 し て お く と い い で し ょ う 。 た ま に は バ ナ ナ の 代 わ り に ア ボ カ ド を 使 う な ど 、 い ろ い ろ な バ リ エ ー シ ョ ン に チ ャ レ ン ジ し て み て く だ さ い 。 ア ボ カ ド は 、 と て も 満 腹 感 が 出 て 栄 養 も 詰 ま っ て い る う え に 、 糖 分 が 少 な く 、 ク リ ー ミ ー な ス ム ー ジ ー に 仕 上 が る の で 、 と て も 美 味 し い で す よ !

「 ホ エ イ プ ロ テ イ ン 」 の よ う な プ ロ テ イ ン パ ウ ダ ー を 入 れ る こ と を 朝 の 日 課 に す れ ば 、 朝 に タ ン パ ク 質 を 摂 取 で き る の で 、 充 実 し た1日 を 過 ご す こ と が で き ま す 。 ス ム ー ジ ー の 希 釈 に は 、 ヨ ー グ ル ト の 代 わ り に ア ー モ ン ド ミ ル ク 、 糖 分 の 多 い 果 汁 の 代 わ り に コ コ ナ ッ ツ ウ ォ ー タ ー を 使 う の も オ ス ス メ で す 。 甘 い ス ム ー ジ ー を お 好 み の 人 は 、 ア ガ ベ シ ロ ッ プ な ど 天 然 の 甘 味 料 を 使 う と 、 食 後 の 血 糖 値 の 上 昇 度 を 示 す グ リ セ ミ ッ ク 指 数 を 低 く 抑 え る こ と が で き ま す 。 ケ ー ル 、 ホ ウ レ ン ソ ウ 、 ウ ィ ー ト グ ラ ス ( 小 麦 若 葉 ) な ど の 葉 物 を 加 え て 作 る グ リ ー ン ス ム ー ジ ー は 栄 養 が 満 載 で 、 シ ョ ウ ガ や レ モ ン を 加 え る と 美 味 し い ド リ ン ク に な り ま す 。 米 国 ダ ン ビ ル のNoon Internationalチ ー ム メ ン バ ー た ち も 、 毎 朝 、 グ リ ー ン ス ム ー ジ ー を 飲 ん で い る そ う で す !

ス ム ー ジ ー は 、 ビ タ ミ ン 、 抗 酸 化 物 質 、 タ ン パ ク 質 、 繊 維 が 豊 富 で 、 消 化 も 良 く 、 果 物 や 野 菜 か ら1日 に 必 要 な ビ タ ミ ン を 簡 単 に 摂 取 す る こ と が で き ま す 。 ま た 、 空 腹 感 を 満 た し 、 午 後 ま で の エ ネ ル ギ ー を た っ ぷ り チ ャ ー ジ し て く れ ま す 。 チ ア シ ー ド や フ ラ ッ ク ス シ ー ド を 入 れ る の も い い で し ょ う 。 ス ム ー ジ ー で 美 味 し く 健 康 的 な 新 年 を お 迎 え く だ さ い !

 




中 国 の 大 掛 か り な 都 市 移 住 計 画


2013年3月 、 新 た に 李 克 強 が 中 国 の 首 相 に 就 任 す る と す ぐ に 、 今 後 数 十 年 に わ た っ て 中 国 経 済 を 活 性 化 す る た め に 大 量 の 消 費 者 層 を 創 出 す べ く 、 今 後12年 か け て 農 村 部 に 住 む2億5,000万 人 の 国 民 を 都 市 部 へ 移 住 さ せ る と い う 壮 大 な 計 画 を 実 行 に 移 し ま し た 。

昔 か ら 、 常 に 職 や チ ャ ン ス を 求 め て 農 村 部 か ら 町 や 都 市 へ 移 住 し て い た 中 国 の 人 々 で す が 、2011年 に 、 初 め て 都 市 人 口 が 農 村 人 口 を 上 回 り 、 昨 年 は 、 都 市 人 口 が 中 国 の 全 人 口 の52.6%を 占 め る ま で に な り ま し た 。2025年 ま で に 全 人 口 の 約7割 ( 約9億 人 ) を 都 市 部 に 住 ま わ せ る と い う の が こ の 計 画 の 最 終 的 な 目 標 で す 。

こ の 大 移 住 プ ロ ジ ェ ク ト 「 城 鎮 化 ( 都 市 化 政 策 ) 」 は 、 今 後10年 だ け で 約2,000億 ド ル の 費 用 を 見 積 も っ て い ま す 。 こ の プ ロ ジ ェ ク ト の 推 進 力 と な っ て い る の は 、 自 由 に 使 え る 収 入 が あ り 、 物 資 需 要 の 高 い 都 市 の 人 々 の 方 が 、 農 村 部 よ り も 消 費 が 多 い と い う 概 念 で す 。 都 市 部 の 需 要 が 中 国 の 経 済 成 長 を 加 速 さ せ 、 製 品 輸 出 に 多 く 頼 る の で は な く 国 内 需 要 に も と づ く 経 済 成 長 を 促 進 す る こ と が 期 待 さ れ て い ま す 。 「 城 鎮 化 」 は 、 以 前 の 都 市 政 策 ( 城 市 化 モ デ ル ) を 修 正 し た も の で 、 「 鎮 ( 町 ) 」 に ス ポ ッ ト を 当 て て い ま す 。 つ ま り 、 す で に 人 口 が 多 く 、 遠 方 に あ る 大 都 市 に 農 村 部 の 人 々 を 送 り 込 む の で は な く 、 近 く の 中 小 都 市 に 移 住 さ せ た り 、 新 た に 町 を 作 る と い う 構 想 で す 。

中 国 政 府 は 、 農 家 か ら 土 地 を 取 り 上 げ る だ け で な く 、 中 央 山 間 部 の 日 干 し レ ン ガ 造 り の 家 で 生 活 し て い る 人 々 に 対 し て 、 山 で は 地 す べ り や 洪 水 が 頻 繁 に 起 こ る た め 命 や 財 産 が 危 険 だ と い う 理 由 で 新 し い 町 の マ ン シ ョ ン 地 区 へ 移 住 す る よ う 圧 力 を か け て い ま す 。 こ の プ ロ ジ ェ ク ト は 、 少 な く と も 数 年 間 は 「 希 望 者 」 と 銘 打 っ て い ま す が 、 村 に 残 る こ と を 選 ん だ 人 た ち も 、 移 住 で き る よ う に な り ま す 。 そ れ で も 、 移 住 す る な ら ば 、 村 人 に は 手 厚 い 経 済 援 助 、 仕 事 、 近 代 設 備 の 整 っ た マ ン シ ョ ン な ど 生 活 水 準 の 向 上 が 約 束 さ れ て い ま す 。

一 見 、 将 来 性 が あ る よ う に 見 え る プ ロ ジ ェ ク ト で す が 、 厳 し い 面 も あ り ま す 。 経 済 的 に 助 か る 人 も い れ ば 、 そ う で な い 人 も い る の で す 。 助 成 金 を も っ て し て も 公 営 住 宅 は 高 額 で 、 マ ン シ ョ ン の 家 賃 、 毎 日 の 光 熱 費 や 生 活 費 を 支 払 う こ と が で き る か ど う か 、 村 人 た ち は 難 し い 決 断 を 迫 ら れ ま す 。 ま た 、 農 村 部 の 人 々 は 安 定 し た 良 い 仕 事 に 就 く た め の 教 育 や ス キ ル が 不 十 分 で あ る 場 合 が 多 く 、 政 府 の 助 成 金 が 終 了 し た 後 、 た く さ ん の 人 が 都 会 で の 生 活 を 維 持 す る こ と が で き な く な る の は 目 に 見 え て い ま す 。

こ う し た 問 題 に 取 り 組 む た め に 、 計 画 担 当 者 た ち は 常 に 「 人 々 と の 対 話 」 を 重 視 し て 、 計 画 の 微 調 整 を 行 っ て お り 、 仕 事 に 関 す る 問 題 は 、 た く さ ん の 工 業 団 地 や イ ン フ ラ が 計 画 さ れ て い る の で 問 題 な い と 主 張 し て い ま す 。

山 間 部 や そ の 他 の 農 村 部 は 、 人 々 が 立 ち 退 い た 後 、 環 境 、 水 質 、 緑 を 守 る た め に 森 林 再 生 が 行 わ れ る 予 定 で す 。 ま た 、 中 国 で は 南 部 の 省 か ら 干 ば つ の 多 い 北 部 へ 水 を 引 く 大 規 模 な 土 木 計 画 を 進 め て い る の で 、 人 が 住 ん で い な い 山 や 谷 の 土 地 が 多 く 必 要 に な る と い う わ け で す 。

と こ ろ で 、 都 市 移 住 計 画 が 、 中 国 経 済 に 不 可 欠 な 地 方 農 業 に も た ら す 影 響 は ど う な の で し ょ う か ? 日 本 の 新 聞 に よ る と 、 マ ン シ ョ ン へ の 移 住 を 進 め て い る 重 慶 市 の 農 家 の 人 々 は 、 自 分 の 土 地 を 管 理 し て も ら う た め に 企 業 や 自 治 体 に 譲 っ た と 報 じ て い ま す 。 全 農 家 の3分 の2が 、2014年2月 ま で に 移 住 す る 計 画 に な っ て い ま す 。

重 慶 市 は 、 さ ま ざ ま な 果 物 や 野 菜 を 生 産 し 、 主 に 日 本 へ 輸 出 し て い る 地 域 で す 。 日 本 企 業 は 、 す で に 重 慶 に 代 わ る 供 給 源 を 探 し て お り 、 最 終 的 に ベ ト ナ ム が 中 国 の 新 経 済 政 策 か ら 恩 恵 を 受 け る こ と に な り そ う で す 。 ベ ト ナ ム の 企 業 と 政 府 は 、 こ の 事 態 を 十 分 に 把 握 し 、 新 た な 好 機 を つ か む べ く 、 語 学 、 文 化 、 ビ ジ ネ ス 慣 習 を 学 ば せ る た め に ベ ト ナ ム 人 の プ ロ 集 団 を 日 本 へ 送 り 込 ん で い ま す 。

中 国 の 大 企 業 が 農 家 か ら 取 り 上 げ た 土 地 を 何 に 使 う の か 、 安 全 性 、 効 率 性 、 経 済 性 を 向 上 さ せ る こ と で 中 国 農 業 を 工 業 化 す る つ も り な の か 、 中 国 政 府 は 移 住 者 た ち を い つ ま で 援 助 す る こ と が で き る の か 、 中 国 の 年 齢 別 人 口 や 多 く の 企 業 が50歳 未 満 の 労 働 力 を 望 む こ と を 考 え る と 、1人 っ 子 政 策 が あ だ と な る の で は な い か な ど 、 こ の 大 プ ロ ジ ェ ク ト に は 、 ま だ 熟 考 す べ き 点 が 多 く 残 さ れ て い ま す 。 ち な み に 助 成 金 に つ い て は 、 政 府 は 新 た な 労 働 者 全 員 か ら 得 ら れ る 税 収 次 第 と し て い ま す 。

懐 疑 論 者 は 城 鎮 化 計 画 を 批 判 し て い ま す が 、 中 国 が 自 国 の 経 済 を 発 展 さ せ る た め に 考 案 し た 意 欲 的 な 計 画 が 劇 的 に 展 開 し て い く 様 子 を 世 界 中 が 見 守 る 必 要


ハ ッ ピ ー ニ ュ ー イ ヤ ー !

 


To optimize viewing of future e-mails, please add info@noon-intl.com to your Address Book.
Visit our Company Blog. | Subscribe to Noon's Intelligent Food Report | Update Contact Details | Unsubscribe.
Copyright © 2010 Noon International. All Rights Reserved.